テレビ・ラジオ 日本の地方 芸能

やしきたかじんさん遺贈金2億円にさくら夫人から返還請求が だと?

やしきたかじんさん遺贈金2億円、夫人から返還請求

日刊スポーツ 5月7日(木)

やしきたかじん 昨年1月に亡くなった歌手やしきたかじんさん(享年64)が大阪活性化をねらい、キャプテンと理事を務めていた一般社団法人「OSAKAあかるクラブ」は7日、公式ホームページに書面を掲載し、たかじんさんの妻、家鋪さくらさんから、遺贈金2億円について、事実上の返還請求があったことを明らかにした。
同クラブは4月30日付の書面を掲載し、返還請求についての正式見解を掲載した。
遺贈金の返還請求をめぐっては、一部週刊誌にさくら夫人側から同クラブ側に返還を求める請求があったなどと報じられ、4月27日に2代目キャプテンとして、桂文枝が就任したセレモニー後に、同クラブ理事が取材対応。
同理事は「返還請求はなかったが、新法人設立に遺贈金2億円をあてる形で協力してほしいとの依頼はあった」としたが、あくまでも「返還請求ではなかった」と話していた。
今回、一転して、返還請求があったことを認める内容を記載した理由には、取材側からの質問の中に「奪い返そうとした」との表現があったため「当該理事は『奪い返そうとした』というのは語弊があると判断し、その場で不正確なコメントをしてしまいました」と説明した。
遺贈金2億円については、同クラブが昨年12月、たかじんさんの遺言に基づき、遺産から2億円を受領したことを、同ホームページで報告。この日掲載した書面には、たかじんさんの遺言の内容も記載。
その内容として「金2億円を、自分が生きてきた証として『たかじんメモリアル』を設立し、大阪のために頑張ってくれた人に対して表彰し、金100万円から500万円を授与するものとするが、当面の運営は、大阪あかるクラブが行うため、同法人に遺贈する。運営が順調になれば新法人を設立することを希望する」と記した。
同クラブは、この遺贈金2億円について、すでに受領は認めており、その流れの中で、昨年夏頃から、さくら夫人と「たかじんメモリアル」設立をめぐって協議。「新法人における当クラブの役割や、遺贈金を放棄した場合の新法人での2億円の使途などに関する合意文書を取り交わさせていただきたい」として、遺贈金放棄の選択肢も含め、検討を重ねてきた。
ただし、さくら夫人側から「結果的に当方の提案はご理解いただけず」、当初の予定通りに遺贈金2億円受領の形で落ち着いたため、昨年12月に受領したと主張している

やはりそういうことだったのか。4月の報道時には返還請求は無しというコメントが出て、たかじんのカネ目当てでおしゃれな外人夫を捨てた強欲女が、簡単に2億円を手放すはずがない、と違和感を感じていたのだが、おそらく遺言での「新法人」という部分にかこつけて、その代表職、または基金の執行についての権限を手にする腹づもりだったのだろう。あかるクラブが要求を突っぱねた良識に拍手を送りたい。百田某が己の売名権力欲の故にこの女性に手を貸して、放送作家らしいお涙バラエティに祭り上げたようだが、情報が隠蔽できる昔ならともかく、個人レベルでの情報疎通が進んだ社会では、嘘に嘘を重ねても必ずバレてしまうものだ。政治や権力が社会を欺こうと画策しても社会の何処かに「良識・良心」が存在すれば、真実は露呈してしまうものだ。日本という国、国民は、総体としてあまりに上品、品格がありすぎて、それをいいコトに詐欺まがい、犯罪者まがいの連中が大人しい人々を食い物にして、どんどん権力と金を手にしているというのが今の状況だろう。弱者や声なき民を切り捨てて、一部の人間のために行う政治など馬鹿でもできる知恵のない政治だ。米国にしっぽを振り、少なくとも自国の国民である弱者を犠牲にするような政治的なあり方は、本来の意味での「国益」を捨て、政治家としての最も品性のない「利己的な」振る舞いだというのに、それを平気で世界に披露するようなメンタリティは、このサクラ夫人と共通のものを感じざるをえない。ま、つまりはこの国はそういう国なんだろう。どうでもいい話だけどね。

-テレビ・ラジオ, 日本の地方, 芸能
-, , , , ,