健康・医療 生活 科学

H7N9型鳥インフルエンザに突然変異でパンデミックの恐れ だと?

H7N9型鳥インフル、突然変異でパンデミックの恐れ=研究報告

ロイター 2015年 03月 12日

pandemic

これはゲームの画面で実際のインフルエンザとは関係ありません

[ロンドン 11日] - 英科学誌ネイチャーに掲載された科学者チームの調査報告によると、中国で発生し人への感染が起きているH7N9型鳥インフルエンザは突然変異によってパンデミック(世界的大流行)を引き起こす可能性がある。
研究では、香港大学のYi Guan氏が率いるチームが、中国の5省15市で、H7N9型インフルエンザの進化と拡大を調査。ウイルスが鶏の間でしばしば突然変異し、パンデミックに発展する可能性のある遺伝子変異を獲得しながら存続、多様化、拡大していることが分かった。人での再発の恐れが強まっており、脅威が増大しているという。

H7N9型ウイルスは2013年3月に人に感染。世界保健機関(WHO)が発表した2月のデータによると、これまでに、中国、台湾、香港、マレーシア、カナダで少なくとも571人が感染し、212人が死亡している。
中国政府が生きた家禽の市場を閉鎖し、鶏との直接の接触によるリスクについて警告を発したことなどで、いったんは収束したかに見えたが、昨年再び人への感染が増加した。

研究報告は「(ウイルスの)拡大と遺伝子の多様性、地理的拡大は、有効な制御措置が講じられなければH7N9型ウイルスが地域を越えて存続・拡大する可能性を示唆している」と述べた。
WHOはH7N9型ウイルスに関する最新の発表で「引き続き動向を注視する」としたが、「これまでのところこの型による全般的なリスクに変化はない」と述べた。

「全般的なリスクに変化はない」というWHOの発表が信頼できるとしても、なかなか不気味な調査報告だ。なにより公共意識の低い利己的な国民性の国で「有効な制御措置」が講じられるとは思えない。東アジアの政治家共通の手法で「これ幸い」とパンデミックを外敵の責任になすりつけ、自分の政治権力を拡大強化する道具にしかねない。是非WHOはしっかり「動向を注視」してもらいたいし、日本の責任あるセクションは「万が一に備え」てほしいものだ。責任はあるが責任をとらない組織なので、あてにはできないが。

-健康・医療, 生活, 科学
-, , , , ,