芸能

44歳で…加藤貴子が第1子男児出産 だと?

44歳で…加藤貴子が第1子男児出産「お母さんになりました」

スポニチアネックス2014年11月7日 18:27

 TBSドラマ「温泉へ行こう」などに主演した女優の加藤貴子(44)が7日、第1子となる長男を帝王切開で出産した。加藤が自身のブログで発表した。
加藤貴子 「1と7だらけ♪ 」とエントリーした加藤は、「お母さんになりました。無事に男の子が生まれました。11月7日、11時37分、2711グラムです。母子ともに元気です」と44歳にして母親になった喜びを報告。「さあ~序曲は終わり、ここからがスタート。これからも、あたたかく見守ってくださいm(__)m取り急ぎの報告でした」とつづり、生まれたばかりのベビーの写真も掲載した。
加藤は今年6月のブログで、昨年末に稽留流産の手術をして半年間休養していたことを明かすとともに「いま、妊娠5カ月です」と妊娠を報告。「44歳という立派な高齢出産なので、まだまだ心配事がわんさかございますが…」などと喜びと不安の入り混じる心境をつづっていた。
そして今月6日に「のっぴきならない事情で急遽帝王切開による出産になり、今日入院することになっていたんです。。(しかしご安心ください、母子ともに元気です♪)」と近況を報告。
7日午前10時52分に「行ってきます」とのエントリーでブログを更新すると、「今日という日を迎えられるまでは本当に色んなことがありました」と赤ちゃんを授かっても流産を繰り返したことや、今回も妊娠3カ月を過ぎた時に胎児の首の後ろに大きな浮腫が見つかったこと、「5人に1人の確率で障がいのリスクがあるという心配事が浮上しました」「このままお腹の中で育っても、場合によってはダウン症または心臓疾患などで、生まれて直ぐに亡くなってしまう確率があると言われました」などと壮絶な体験を告白。検査の結果、陰性であることが分かり、出産に臨んでいた。
加藤は1990年、アイドルグループ「Lip’s」のメンバーとして芸能界デビューし、ドラマ「GOOD LUCK!!」「南極大陸」「とんび」などに出演。13年10月に一般男性と結婚した。

医学統計学上、40歳を超えての初産は高齢出産と言われ、年齢が高まるほど卵子の質が劣化または老化し、染色体異常などが起こりやすくなるとされている。しかしながらそこは医学、現代ではかつてに比べ、そのリスクはかなり低くなったとも言われている。でも、リスクが有ることはあるわけで、なかなかに覚悟と勇気が必要なことは否めない。

最近の有名人の高齢出産では、これまでもテレビ朝日の萩野志保子アナは今年7月に41歳で男児を出産。パーソナリティーの坂上みきは12年9月に53歳で男児、フリーアナの松本志のぶは11年12月に42歳で女児を出産している。またTBSの長岡杏子アナが9月に第1子の妊娠を発表しいる。いずれも多忙でそれなりのキャリアを積むような仕事だが、どこぞのバカ息子が提唱する女性の社会進出(という名の労働力、税源の確保)には、女性だけが妊娠出産するという生物学的な事実に則した、手厚い政策が必要なことはあまりにも明らか。それが大きく欠如しているこの国が少子化を加速させていることに、なぜ思いが至らないか?目先の利権や金儲けだけに政治の舵取りをしていては、もはや取り返しがつかない状況に近づいている。政治屋は人口ピラミッドを一日百回目に焼き付けろ!

-芸能
-,