健康・医療 芸能 訃報

菅原文太さんが死去 高倉健さんに続き大物俳優がまた… だと……

2015/02/15

菅原文太さんが死去 高倉健さんに続き大物俳優がまた…

日刊ゲンダイ 12月1日(月)13時53分配信

 俳優の菅原文太さんが死亡していたことが1日、分かった。享年81。高倉健さんに続く“大物俳優”の訃報だ。
菅原文太 菅原さんは1933年8月16日生まれ、宮城県出身。早大第二法学部進学後、モデルや「劇団四季」の団員を経て、58年「白線秘密地帯」(新東宝)で本格映画デビュー。73年に始まった「仁義なき戦い」シリーズの広能昌三役で人気を不動のものとし、「トラック野郎」など数多くのヒット作に主演した。
東日本大震災後は、国民運動グループ「いのちの党」を結成すると同時に芸能界からの引退を宣言。最近は安倍政権の集団的自衛権を巡る憲法解釈の見直しや、自衛隊の海兵隊化などに警鐘を鳴らし、講演活動などに精力的に取り組んでいた。

2007年に膀胱がんが判明し、手術せずに放射線や陽子線治療による膀胱温存療法を受けられていたようだが、転移性肝がんによる肝不全で亡くなられたようだ。ここにきて大物俳優と呼ばれる人の訃報が続く。健さんに比べると、表現者らしいリベラルな立場から反自民、脱原発を訴えたり、都知事選では細川元首相の応援演説を行ったり俳優以外の社会活動も積極的に行い、幅広く活躍されたようだ。その分、孤高とかカリスマという言葉こそ似合わないが、それでもさすがに銀幕に一時代を築いた人、その存在感は重い。時代を築いた人がひとり、また一人と鬼籍に入られると世の中からどんどん厚みがなくなっていくようで冬の風が一段と身に沁みる。ともあれ、心よりご冥福をお祈りいたします。

 

文太さんが残した2013年のインタビューが「遺言」として再掲されています。ご一読を。

-健康・医療, 芸能, 訃報
-, , , , , , ,