テレビ・ラジオ 芸能

最後のシーンが涙で撮れなかった。マッサン全撮影が終了。だと?

2015/03/06

<マッサン>ヒロイン、最後のシーンで涙、涙 全撮影が終了

毎日新聞 2月23日(月)

◇北海道余市町で 放映の最終回は3月28日

マッサン オールアップNHK連続テレビ小説「マッサン」の収録が23日、北海道余市町であり、全撮影が終了。主人公の夫婦を演じた玉山鉄二さん(34)シャーロット・ケイト・フォックスさん(29)には、嶋保町長らから花束が贈られた。
この日は、亀山政春と妻エリーが出会ったスコットランド時代の回想シーンを撮影。その後2人は記者会見し、エリー役のフォックスさんが最後のシーンの撮影で泣いてしまい、落ち着くまで時間がかかったエピソードなどが紹介された。
政春役の玉山さんは「雪などで撮影は大変だったが、北海道の皆さんに温かく受け入れてもらえて励まされた」。フォックスさんは「北海道と日本を第二の故郷のように感じている」と話した。

「マッサン」はウイスキー造りに情熱を燃やす青年・政春と、それを支えるスコットランド人の妻エリーの物語で、余市町でニッカウヰスキーを創業した竹鶴政孝と妻リタがモデル。昨年5月から北海道や大阪府、広島県などで撮影され、連続テレビ小説では初の外国人ヒロインとして話題になった。放映の最終回は今年3月28日。
舞台の一つとなった余市町の昨年の観光客数は、前年比3割増の約111万3500人で、ニッカウヰスキーの余市蒸留所は過去2番目に多い約46万人が訪れた。町の新しい観光案内所を新設したり、飲食店が特別メニューを出したりして町全体で盛り上がりを見せた。【遠藤修平】

シャーロット・ケイト・フォックス

シャーロット・ケイト・フォックス。「マッサン」のヒロイン決定会見時はオーディションのためか、何故かブルネットの髪色だった。NHK大阪放送局にて(元々はブロンドだそうである)

始まった当初はどうなるかと様子見だったが、最後までいい数字が出ているようで関係者も喜んでいるだろう。政権べったりで「政府の見解と違う放送はできない」という北朝鮮の国営放送みたいな会長を送り込まれた組織としては、後半の戦時色の部分をどう扱うか気になったが、ある程度は「戦争は愚かな行為」でるというニュアンスは出ている。報道ではうまく与党寄りの偏向内容を滑りこませていて、キャスター人事までいじり始めたNHKだが、朝ドラでは(今のところ)「政治的なあざといポロパガンダ演出」には踏みとどまっている感があり、支持したい。ま、そのうち自衛隊の米軍への献上で海外派兵とかが頻繁になれば「お国のための兵隊さん」みたいな愛国番組が出てくるかもしれないが、そういう政府を選んでるからしかたがないな。どうでもいい話だけどね。
あー、久しぶりにまた余市に行ってみたいな。

-テレビ・ラジオ, 芸能
-, , , , , ,