テレビ・ラジオ 本当にどうでもいい話 芸能

島袋寛子が舞祭組に「うるさい!黙って」とマジギレ? だと?

島袋寛子マジギレ?舞祭組に「うるさい!黙って」

MusicVoice 2月24日(火)

島袋寛子 SPEEDの島袋寛子(30)が23日深夜放送のTBS系歌番組「UTAGE!」で“マジギレ”したのではないかとネット上で話題になっている。
ことの発端は、番組内で、島袋がKis-My-Ft2の派生ユニット・舞祭組と一緒に松任谷由実の「ルージュの伝言」を披露したこと。舞祭組のダンス&コーラスがあまりに独特すぎて、島袋は歌いながら思わず笑い転げてしまいそうになるシーンがあった。
“お約束”とも言える舞祭組の独特コーラスからのひと笑い。レギュラーの島袋も承知のはずだが…不満気。歌唱し終えて満足の舞祭組に島袋は「うるさい!黙っててください! ちょっと」と声を荒げ、歌への敬意を払うように「『ルージュの伝言』が好きな皆さんと松任谷由実さん、ごめんなさい」と頭を下げた。
その島袋に舞祭組は「そんな謝ることはないですよ。そいう気持ちになることは大切ですけど今はそういう時期じゃない」となだめ、司会のSMAP中居正広も悪ノリして「オーソドックスの舞祭組を見ることができました」と舞祭組に評価。
それでも「ちゃんと歌いたかった!」という島袋に舞祭組は「ちゃんと歌えなかったのは島袋さんのせいですよ。なんでも舞祭組のせいにしちゃいけない」とどこか得意気。ただこれには中居「なんでも舞祭組のせいにしちゃいけないけどさ、ほとんど舞祭組のせいだからさ」とツッコミを入れた。
その一方で中居は「舞祭組をフォローするわけじゃないけど」と、「舞祭組に何の期待をしているの。期待するから裏切られたあとのショックが大きいだけで、期待するからいけない」と島袋にも非があるとした。
その島袋は「こうなるとは分かっていたけど耐えられないし」と不満の表情をのぞかせ「なんで私が怒られないといけないの」と声を荒げた。ことの真意は不明だがこれらは一つのネタのように展開され、スタジオでも笑いは起きていた。
こうしたやりとりに番組を見ていた視聴者からはツイッターで「一瞬マジギレしてたかもね」「ほんとにキレていいよ」「プロのプライドが許されんかったのだろう」と、島袋が本当に怒っていたのではないか、というコメントが多数寄せられている。
また、この内容が一部メディアで報じられたことで、更に注目が集まり「え?キレたの?」「何があったの?」といった声まで上がっている。島袋の激怒がクローズアップされたカタチだが、楽曲への敬意を払った心情を理解する声もあった。

まぁ。ジャニーズ系のアイドルグループに「楽曲」とか「敬意」とか求めるのは難しいと思うけど、結局「この内容が一部メディアで報じられたこと」というテレビ見ながらネタ拾いという、相変わらずの芸能マスコミの手抜きぶりに笑わせられた。それにしても学芸会的な企画に「今はそういう時期じゃない」とはどういう意味だろう?かなり傲慢な口ぶりだけど、この「舞祭組」とはそれほどビッグな存在なんですかね?ジャニーズ系のタレントはどいつもこいつも人を馬鹿にした傲慢さが笑顔の裏に垣間見えて、弱者をバカにして金儲けする、こういう時期なんだな、と薄ら寒い気がします。ま、どうどでもいい話だけどね。

-テレビ・ラジオ, 本当にどうでもいい話, 芸能
-, , , , ,