テレビ・ラジオ 芸能

女優・杉森茜とタレント・一ノ瀬文香が芸能界異例の同性婚 だとお?

2015/01/26

女優・杉森茜とタレント・一ノ瀬文香が芸能界異例の同性婚

日刊スポーツ 12月20日(土)

杉森茜、一ノ瀬文香

杉森茜(左)と一ノ瀬文香

日本テレビ系「ウーマン・オン・ザ・プラネット」に出演中の女優杉森茜(28)とTBS系「サンデー・ジャポン」のコメンテーターなどで知られるタレントの一ノ瀬文香(34)が来年4月19日、都内のレストランで「挙式・披露宴」を行う。芸能界では異例の同性婚となる。
2人は12年10月、新宿のゲイバーで出会った。一ノ瀬は09年4月に週刊誌でレズビアンであることをカミングアウト。ミュージカルを中心に活動している杉森も「自分の中で9割以上は女性が好き」であることを自覚していた。

芸能界というか日本ではタブー扱いだった同性愛や性同一性障害が(良いのか悪いのかわからないが)おねえタレントの台頭でバリアがなし崩し的に解除されてきたようである。これはリベラルな立場をとる人間には朗報であろう。逆に宗教的な立場や権力構造上男女性差を強調しているような連中には苦々しいことだろうと思う。個人的には当然リベラル派なので、立場的なマイノリティである同性愛者や性同一性障害に苦しんでいる人々にも、太陽の下で楽しく人生を歩んでほしい。昔、初渡米時にサンフランシスコで白昼堂々と仲良くしてるゲイのカップルを見て少々怯んだが、見慣れればなんてことはない。単に見慣れてないだけだということに気づいた。そういうカップルも普通に社会を構成できるように世界中がなれば良いと思うのだが、社会的な保守派の人間はもちろん、男尊女卑の過激な宗教テロ組織がブイブイいわせている現状では道は遠いかもしれない。ま、とりあえずお幸せに。

-テレビ・ラジオ, 芸能
-, , , ,