スポーツ

史上最高の「玉の輿」婚が近い日本女性をフライデーがスクープ だと?

2015/03/03

年収48億円プロ選手と、史上最高の「玉の輿」婚が近い日本女性をフライデーがスクープ撮!

FRIDAY 2月27日(金)

フライデーは過去にもたびたび、男子プロスポーツ選手の熱愛を報じてきた。
超一流アスリートと結婚した女性は、一般女性から見れば嫉妬と羨望が入り混じる「玉の輿」に間違いない。
では、ダンナの年俸という1点で考えたとき、もっとも「玉の輿」なのは誰なのだろう?

先週、フライデーが報じたのは宮崎キャンプの宿舎に愛人を連れ込んだ巨人の坂本勇人(26)。年俸は2億2千万円(推定)。あと10年は活躍しそうだから、今後30億円は稼いでくれそうだ(奥さん目線)。
高給の野球選手といえばメジャーリーガー。ダルビッシュ有(28)はさすがの年俸10億円(推定)。ハンドボール選手のダンナと別れて、ダルの子供を妊娠中、結婚目前の山本聖子が、いろんなことを言われているのも仕方ないところか。メジャーなら、田中マー君、松坂、イチローも年棒10億円クラス。里田まいをはじめ、奥さんは十分「玉の輿」ではある。
テニスの錦織圭と元新体操選手の熱愛を、2年以上前に最初に報じたのもフライデー。錦織は、今や賞金で1億円超、スポンサー収入を考えれば、年間収入は10億円に近いとも言われている。
今後の稼ぎだけを考えると、錦織、ゴルフの松山英樹、日本ハムの大谷の結婚相手が3大「玉の輿」ということになるのだろうか。

さて、過去のフライデー熱愛報道を経て、もっとも年俸の高いスポーツ選手との「玉の輿」を成就させたのは誰だったのか?
答えは、(おそらく)道端ジェシカである。お相手はF1レーサーのジェイソン・バトン。めでたく昨年末に結婚している。年俸はこれも推定だが22億円強!!
バブル期以降日本では盛り上がらないが、ヨーロッパはじめ世界的に見ればF1レーサーの年収は驚異的なのだ。ところが、今週のフライデーが発見、報じているカップルはこの記録を上回る「玉の輿」になる可能性がある。

2014年6月、「フォーチュン」誌が、世界のスポーツ選手の年収ランキングを発表している。1位は先週フライデーでも紹介したボクシングのメイウェザーで1億500万ドル。2位がサッカーのクリスティアーノ・ロナウドで7557万ドル。3位が同じくサッカーのメッシで7477万ドル。以下、NBA、NFL、テニスの選手と続く・・・。
その世界第9位の選手がフライデーされた。

高田知美F1レーサでナンバー1として登場するフェルナンド・アロンソである。「フォーチュン」誌によれば年収4100万ドル。さらに今季からマクラーレン・ホンダと年俸48億円の2年契約を結んでいるという。
そんなアロンソが、1泊2日で日本に来ては密会する日本女性がいると今週のフライデーが報じているのだ。フライデーが撮ったアロンソの彼女はスタイルの良い超美人である。さあ、フライデー史上、最高の「玉の輿」なるか?(フライデー編集部)

なるほど高額年収といえば、膨大な周辺産業を抱えるF1というのも頷ける。アロンソがホンダがらみで2月に来日した時も、コンラッド東京に宿泊していたようだが、その時同宿したのが噂の彼女らしい。その彼女は静岡県三島市出身で、201​1 ミス・ユニバース・ジャパン ファイナリストの高田知美という女性。なかなかエキゾチックなオリエンタルフェイスである。
二人の出会いは高田さんがF1のレースクイーンを務めていた時。2011年にフェラーリが東日本大震災のチャリティイベントをしている時に当時のチームマネージャーがアロンソに高田さんを紹介したとのこと。アロンソといえば2010年から去年までフェラーリに乗っていて、最近はそのイメージもあったがホンダ復活で久々のマクラーレンになる。この高田さんが今季活躍の原動力となるか?それともたんなる現地妻なのか?その辺も注目だ。かつて1995年にはジャン・アレジと交際から事実婚へと至った後藤久美子(40歳)の例もあり、F1玉の輿はない話でもない。レースの行方と玉の輿の行方に両方に目が離せない2015年のシーズンだろう。

フェルナンド・アロンソ・ディアス  プロフィール

フェルナンド・アロンソ・ディアス(Fernando Alonso Díaz, 1981年7月29日 - )
スペイン・アストゥリアス州オビエド出身のレーシングドライバー。
2005年に、当時のF1史上最年少ドライバーズチャンピオン記録を樹立し、翌2006年には連覇を達成した。

F1での経歴

車番:14
所属チーム:マクラーレン '15-
過去の所属チーム:'01/ミナルディ '03-'06,'08-'09/ルノー '07/マクラーレン '10-'14/フェラーリ
出走回数:235
優勝回数:32
通算獲得ポイント:1767
表彰台(3位以内)回数:97
ポールポジション:22
ファステストラップ:21
初戦:2001年オーストラリアGP
初勝利:2003年ハンガリーGP
2014年順位:6位 (161ポイント)
タイトル:2(2005,2006)(記録は2014年最終戦アブダビGP終了時)

ついでに

後藤久美子とジャン・アレジ

後藤久美子は1995年にフランス人F1レーサーのジャン・アレジと交際を始める。当時アレジには既に妻子があったが離婚調停中であり、その後前妻とは離婚が成立。96年には渡仏しアレジと同居を始める。現在もアレジとの婚姻手続きはとっておらず、「事実婚」の夫婦であるがヨーロッパでは比較的事実婚の夫婦が多い。ジャン・アレジは前妻との間に1人、後藤久美子との間に3人の実子がいる。渡仏後は妻としてまた子育てを重視しており、年に1~2本のCM出演や女性ファッション誌の表紙モデルなどを中心に活躍している。女優として映画やドラマでの復帰は無いとはっきり断言もしている。現在はスイス・ジュネーヴ在住。後藤はクルマ好きでも知られ、かつてはクーペ・フィアットを自ら運転し、自身の20歳の誕生日には、150台のみ生産され現在は極めて希少価値が高いディーノ206GTを購入した。

-スポーツ
-, , , , , , ,