テレビ・ラジオ 大馬鹿者

加藤浩次が利益供与問題の上重アナをお笑いネタで済ます。

加藤浩次、上重アナにキレた!?「お前、今言っていいのか?」

スポニチアネックス 4月8日(水)

日テレ翼賛バカ シンガーソングライターのmiwa(24)が8日、日本テレビ情報番組「スッキリ!」(月~金曜前8・00)に出演、この日発売の新アルバム「ONENESS」の収録曲「君に出会えたから」のアコースティックバージョンを生披露したが、曲終了後にMCの加藤浩次(45)上重聡アナウンサー(34)の“バトル”が勃発した。
曲は「部活動にはげむ学生への応援歌」がテーマ。コーラスの部分ではスタジオの出演者が右手を挙げて「イエー!」と声をそろえたが、曲の終了後、上重アナが加藤に「ワンテンポ、ちょっと遅れてましたけど」とツッコミ。これに対し加藤は「ハッ?お前そんなこというのか?」とキレ、「お前だって遅れてたじゃないか」と反撃。さらに「お前、今言っていいのか?」とダメを押した。
今月上旬に有力スポンサーからの利益供与問題を週刊誌に報じられたばかりの上重アナにとっては痛烈な一撃だったようで「大変申し訳ございません」と平謝り。加藤は「冗談ですよ。冗談」と切り替え、スタジオは爆笑に包まれた。
この日の加藤はmiwaの歌声を絶賛する一方で、「コナン」のモノマネをするmiwaに「やめてもらえますか」とダメ出しするなど毒舌ぶりを発揮していた。

はいはい。政権翼賛放送局だけあって、支配者層にいるという傲慢ぶりが目につきますね。結局「報道」部門を持ちながら、利益供与を受けて何が悪い?という無反省な連中の寄せ集め。保守を名乗るのは構わないが、保守だから「金に汚い」「欲は大人の現実」「やったもん勝ち」というのはあまりに下品。ま、日テレという局の体質だから仕方がないけど。結局倫理を問われることもなく、笑いのネタレベルでやり過ごすということだろう。ハナから日テレに「報道」「ジャーナリズム」など期待はしてないけど、最近のNHK、テレビ朝日の露骨な翼賛報道を見てると、ウラから証拠を残さず人事に介入し、都合の悪いジャーナリストを排除するという東アジアならでは手法で世襲阿呆ボン総理の権力強化が進んでいることを実感するばかりだ。どんどん暗黒に覆われる美しい国。いったいどうすれば国民が目を覚ますのだろう?

-テレビ・ラジオ, 大馬鹿者
-, , , , , , , , , ,