健康・医療 芸能 訃報

元「ガロ」の堀内護さん 胃がんで死去 享年65 だと?

2015/02/15

元「ガロ」の堀内護さん 胃がんのため死去 65歳

スポニチアネックス 2014年12月11日

 「学生街の喫茶店」「君の誕生日」「ロマンス」などのヒット曲で知られる1970年代のフォークグループ「ガロ」の元メンバー・堀内護(ほりうち・まもる)さんが9日午前3時9分、胃がんのため東京都内の病院で亡くなった。65歳。東京都出身。11日、フェイスブックなどで発表された。

ガロ

真ん中が堀内護

「ここ数カ月の短い闘病生活ではございましたが、思いのほか病魔の進行が早かったために、手当ての甲斐なく永眠いたしました。安らかに眠るような旅立ちでした」と報告された。葬儀・告別式は密葬で執り行われた。
70年、日高富明さん、大野真澄(65)とともに「ガロ」を結成。堀内さんは「MARK」の愛称で親しまれ「学生街の喫茶店」「君の誕生日」「ロマンス」などのヒット曲で一世を風靡した。
76年の解散後はソロ活動。その後、長いブランクと感染症との闘いを経て、昨年9月にはアルバム「マーク from GARO 時の魔法」をリリースし、奇跡のカムバック。これが遺作となった。
葬儀・告別式は近親者で行った。

発売時はB面ソングとして世に出た「学生街の喫茶店」。発売自体は1972年6月であったが、(同年の11月末頃から売れ出し、翌1973年の1月末にガロがテレビ出演したことでヒットの勢いがついた。最もヒットしていたのは1973年の春先で、オリコンヒットチャートでは2月19日から4月2日まで7週連続で1位を獲得。1973年の年間ヒットチャートで第3位を記録し、同年を代表するヒット・ソングのひとつとなった。累計売上はミリオンセラーを記録している。『第24回NHK紅白歌合戦』でも本楽曲を披露。当時のフォークグループとしては、紅白出場歌手に選出されたこと自体も珍しいことであった。また、『日本有線大賞』では新人賞を受賞。バギーパンツに厚底シューズにカーリーヘアにサングラス、愛称はマーク。フォークソングが社会的なメッセージから少々私小説風のものに変遷を始めた、いわゆる歌謡フォークの黎明期70年台のバンドだろう。何はともあれ時代を語れるヒットを残していることには敬意を評したい。ご冥福をお祈りいたします。

GARO/ガロ スーパー・ベスト(期間限定) 【CD】

GARO/ガロ スーパー・ベスト(期間限定) 【CD】
価格:1,522円(税込、送料別)

-健康・医療, 芸能, 訃報
-, , , , ,