テレビ・ラジオ

中村うさぎが美保純に“暴言”事件で「5時に夢中!」降板決定 だと?だと?

中村うさぎ氏「5時夢」降板決定 自らビデオ出演して語る

スポニチアネックス 2月11日(水)

中村うさぎ 作家の中村うさぎ氏(56)が水曜レギュラーを務めるTOKYO MXの人気情報番組「5時に夢中!」(月~金曜後5・00)を降板することが決まった。3週連続で生放送を欠席した11日、午後5時50分ごろから約3分間、自らビデオ出演して発表した。共演者に“暴言”を吐き、行き違いがあったことについて「私にも非がある」と認め「自分の発言に100%責任を持ちたいから、文章の世界に戻ります」と降板の理由を説明した。同局は「後任は未定」としている。
うさぎ氏のVTR明け、MC・ふかわりょう(40)は「番組側の不手際で世間をお騒がせしまして本当に申し訳ございませんでしたと」と沈痛な表情を浮かべ、謝罪。「7年間、長い間、本当にありがとうございました」と感謝した。
うさぎ氏は1月30日付のブログで「二度とあの番組には出ない」と降板を表明。今月4日に“降板騒動”が表面化。波紋が広がっていた。
9日、うさぎ氏とプロデューサーの話し合いが持たれたもよう。うさぎ氏の今後について近く番組内で報告する方向だったが、レギュラーの水曜日にVTR出演。電撃発表となった。
うさぎ氏が水曜レギュラーでコンビを組む女優・美保純(54)を指したある発言で、美保や番組プロデューサーと行き違いがあったとみられる。4日付のブログに「私はこの件でひどくショックを受けた。(中略)精神的に参っちゃって、本当に生きているのが嫌になったわ」と心境をつづっていた。
2008年4月からコメンテーターとして番組に出演。13年8月から体調不良のため番組を休んだが、14年2月5日の生放送で復帰。歯切れのいいコメントが人気を集めた。

見てなかったので、何があったのか、どういう発言なのか?と調べたら

今月4日に更新したブログで中村氏は、プロデューサーから「美保さんがうさぎさんに『ポルノ女優のくせに』と言われて傷ついてるので、フォローしてください」と持ちかけられたことを報告。
美保に対し、そのような感情を持ったことがなく発言を否定したが、プロデューサーは中村氏の説明を聞き入れず、「うさぎさんは薬で頭が混乱して人格も変わったから」と答えたためショックを受けた、としていた。現在は“うつ病”で仕事が手につかず収入が激減しているとも伝えた。
中村氏はこの日、「私は確かに春頃、薬の副作用でとんでもなく支離滅裂な事を言ったかもしれないけど、『ポルノ女優のくせに』などといった差別発言は絶対にしてない」と美保への発言を改めて否定。(オリコンスタイル 2015-02-06)

ということらしい。仮に発言が事実であり、美保が傷ついたとしても、別の解決法があるだろうに。このプロデューサーも調整能力がないというか中村より美保が大事なんだろう。仮に発言が事実であるにしても、職業差別を意図した発言をする作家でもないし、先のやりとりが7年間番組で積み上げた信頼の結果だとすれば、中村の降板決意も理解できる。くだらないテレビ屋などより活字の世界に戻るのが本筋。良い契機だと考えるべきだろう。もともと作家はテレビのようなグループワークではないから、そんな世渡りのような技量など不要。そんな太鼓持ちのようなことは放送作家に任せておけばいい。しかし、テレビが面白く無い理由が分かるなぁ。それにしても、うさぎ氏、ブログをメルマガ登録でないと「続きが読めない」のは面倒なのでやめてほしいな。そこまでしても読みたい読者フィルターなのかもしれないが。

-テレビ・ラジオ
-, , , , ,