本当にどうでもいい話 芸能

ビッグダディと離婚から2年、美奈子が4回目の結婚! だと?

美奈子、4回目の結婚!ビッグダディと離婚から2年

スポーツ報知 5月9日(土)

美奈子ビッグダディ」こと林下清志さん(50)元妻でタレントの美奈子(32)が結婚したことが8日、分かった。相手は元プロレスラーの一般男性(33)で、こどもの日の5日に婚姻届を提出した。プロレス観戦を通じて数年前に知り合い、今年に入って結婚を意識。美奈子は3度離婚しており、これが4回目の結婚。6人の子供を持つ「ビッグマミィ」が電撃ゴールインを決めた。
美奈子が一躍有名になったのは、テレビ朝日系ドキュメンタリー番組「痛快!ビッグダディ」。2011年4月に清志さんと結婚。この時、清志さんは4回目、美奈子は3回目の結婚で、お互いの子供と一緒に大家族生活を送る様子がお茶の間の人気になった。
2年後の13年4月に清志さんと離婚。同年5月に出版した著書「ハダカの美奈子」(講談社)では、清志さん以上に自分を愛してくれる人は現れないとつづり、「新しい恋人を探す気はありません」と明かしていた。それから2年。美奈子のハートを射抜いた男性がついに現れた。
夫の知人によると、美奈子はプロレス観戦が好きで、その縁で数年前に知り合った。美奈子は理想のタイプを「子供を最優先してくれる人」と話しており、子供に優しくしてくれることが結婚の決め手になった。相手の詳細は不明だが、プロレスラーを引退して現在は一般人。近隣の住民によると優しそうな表情が印象的だという。こどもの日の5日に埼玉県内で婚姻届を提出した。
美奈子は4回目の結婚。中学時代の一つ上の先輩と結婚・離婚を2回経験し、清志さんが3回目。最初の夫との間に子供5人(1男4女)をもうけ、清志さんとの間には娘が1人生まれている。
清志さんと離婚後は6人の子供のシングルマザーとしてタレント活動を行ってきた。4月から長男の星音(しおん)くん(15)が通信制高校で学びながら料理人の修業をするため家を出たことで、子育てに余裕ができたことも結婚のきっかけになったようだ。ビッグマミィは子供好きの夫を迎え、星音くんを除く5人の子供と同居生活をスタートさせている。

 美奈子(みなこ)旧姓・森美奈子。

1983年2月23日、愛知県豊田市生まれの32歳。介護施設の介護士として働いていた2011年2月、関連する接骨院で働く清志さんと新年会で出会い、約2か月後に結婚。13年4月に離婚。著書は「ハダカの美奈子」、お見合いパーティーに参加した体験記「ビッグマミィ美奈子 婚活を行く!」など。バセドー病を患い14年7月に甲状腺を摘出する手術を受けた。

こういう発表をさせられということは、タレント業としての人生の切り売りなんだろうな。元夫婦ともども、子沢山の一市井人からテレビ屋さんにタレント化させられて、その後の人生を大きく進路変更させられた、ある意味犠牲者。今の御時世で言うと「そんな人生は自分で選んだのだから自己責任だろ?」ということだろうけど。愚民化政策の片棒をかつぐテレビ屋も政治屋同様に自己の利益となる間はチヤホヤしてくれるが、手のひらの返し方も驚くばかり。ま、特権階級にふんぞり返っている連中に共通の「利己的な強欲」が生み出す行動哲学なんだろう。いつも感じるが多婚の人は離婚してからさほど間を空けずに結婚を繰り返すようだが、なぜなんだろう?やはり婚姻している方が社会的に有利になる、この国の社会制度が原因なんだろう?事実婚でも不利が生まれないように変わるには、閨閥や階級格差を固定化しようとして、旧時代へ逆行しているこの国の支配階級、権力者が支持されている名ばかりの民主主義社会では無理だろう。ま、どうでもいい話だけどね。

【送料無料】ハダカの美奈子 [ 林下美奈子 ]

【送料無料】ハダカの美奈子 [ 林下美奈子 ]
価格:1,296円(税込、送料込)

-本当にどうでもいい話, 芸能
-, , , , , , , , ,