テレビ・ラジオ

テレ朝「朝生」で荻上チキさん、直前に出演中止 選挙前で「文化人・知識人枠」なしに だと?

テレ朝「朝生」で荻上チキさん、直前に出演中止 選挙前で「文化人・知識人枠」なしに

JCASTNEWS 2014/11/29

衆院選をテーマとしたテレビ朝日系の討論番組「朝まで生テレビ!」(2014年11月29日未明放送)で、出演予定だった評論家の荻上チキさんらパネリストが、局側の方針により急きょ出演とりやめになっていた。番組スタッフから出演を断わる電話が放送前日にあったと28日、荻上さんがツイッターで明かした。
国家検閲当初は各党議員と、文化人のゲスト数人という構成での議論を予定していたが、議員だけの出演に変更され、荻上さんらは番組に出られなくなった。その理由を「ゲストの質問によっては『中立・公平性』を担保できなくなるかもしれない、というのものだと聞きました。『ゲストが僕だから』というのものではなくて、『文化人・知識人枠』を入れることそのものを取りやめたそうです」と書いている。
そのうえで、「議員の方はゲストの質問にも自由に答えられるので、応答の時間があれば問題ないのではなかとも思いますし、議員同士でないと『中立・公平性』の上で問題ありとなれば、討論番組の形式を縛ることになるとも思います」と疑問を投げかけた。
同番組は過去、選挙前でも文化人が政治家に質問する形式で放送していたので、「なぜ今回だけ」という声がネットで噴出している。衆院選をめぐっては、自民党テレビ局に対して、ゲスト出演者の選定やテーマ選び、発言回数や時間などについて、公平性を求める文書を渡していた。

いよいよ言論統制、報道検閲の時代が現実になってきたようだな。ここまで露骨にメディアへの介入を行うことはいくら自民党とはいえ、これまであまりなかっただろう。さて12月に秘密保護法が施行されこの国はどこへ行くのだろうか?ネットメディアだから大丈夫とは言えない。昨年、日本を含む多くの国でFinFisher(FinSpy)というソフトウェアを使用して、政府機関が国民のIT動向を監視しているということが分かったばかり。またこれに類する監視、盗聴用のソフトウェアが数多く販売使用されていることをWikileaksがネット上で暴露した。いつのまにか権力者や富裕層への批判が姿を消し、将軍様マンセーという声ばかりの中国や北朝鮮、韓国とそっくりな美しい国になっているのだろうか?悲しくも恐ろしい。

-テレビ・ラジオ
-, , , , , ,