芸能

スーパーモデル長者番付1位のジゼルが ランウェイ引退

スーパーモデル長者番付1位のジゼル ランウェイ引退

スポニチアネックス 4月16日(木)

 スーパーモデルのジゼル・ブンチェン(34)が15日、出身地のブラジル・サンパウロで行われたファッションショーで最後のランウェイを歩いた。
最後のランウェイジゼルは14歳でモデルの世界に入り、米誌フォーブスが発表したスーパーモデルの長者番付で、14年には4700万ドル(約56億円)となり8年連続トップに輝いた。シャネルなどの有名ブランドの広告塔を務めているほか、ビーチサンダルや下着のデザインも手掛けている。
また、私生活でも俳優のレオナルド・ディカプリオ(40)と交際していたことでも有名になったが、05年に破局。その後09年にNFLペイトリオッツのスター選手のQBトム・ブレイディ(37)と結婚、2児をもうけている。
サンパウロ・ファッションウイークで、ブンチェンは3度ランウェイに登場。白いAラインワンピースなどを披露した後、最後は自身のイメージがプリントされたTシャツにジーンズ姿で仲間のモデルらと登場。大きな拍手を浴びていた。
ジゼルは、ランウェイからは引退するが、雑誌や広告などのモデル活動は続けるという。この日、自身のインスタグラムで「これからも違う分野での仕事を続ける」と書き込んでいる。

※インスタグラムサーバが混んでいる時は写真の表示が遅くなる時があります

14歳でデビューしてから20年間、スーパーモデルとしてトップに君臨し続けただけあり、その稼ぎもハンパない。そこら辺の中小企業や並みのプロアスリートなど吹っ飛んでしまう。表紙を飾った雑誌、契約したブランドは書き出すのも面倒になるほど、一時代を築いた伝説のスーパーモデルだろう。もちろんスーパーセレブでもあるだけにゴシップ、スキャンダルも派手で世間を騒がせてくれた。誹謗中傷や注目度も桁違いで、彼女の「言いたいことは言う」性格もあるだろうが、世界レベルの熾烈な業界でこれだけ稼ぐとなるとそれなりにタフな性格も必要になってくるのだろう。なんせ「ギャラの支払いをドルではなくユーロ建てにして欲しい」と要求し、日経の一面の記事になったほどだ。ともあれ、ステージ上の圧倒的な存在感は本物でした。お疲れ様というか、今後の活躍に期待します。
日本でも彼女の絡みで手に入る商品としてサンダルが有名だが、もともとは自身専用のサンダルと靴の生産をGrendene(別名Ipanema Gisele Bündchen)に依頼して、それを販売。日本でも人気だったこのサンダルは2001年で1億足以上が売れたらしい。スーパーモデル効果なのか、ビジネスセンスなのかは不明だがヒットアイテムにはなっている。

※Facebook Gisele Bündchenのページ

-芸能
-, , , , ,