本当にどうでもいい話 芸能

たかみな卒業発表 残る1期生2人の反応は… だと?

たかみな卒業発表 残る1期生2人の反応は…

オリコン 12月9日(火)

AKB48高橋みなみ(23)が8日、東京・秋葉原のAKB48劇場で行われた9周年特別記念公演で卒業発表したことを受け、1期生で同期の小嶋陽菜(26)と峯岸みなみ(22)がそれぞれ自身のSNSで心境を綴った。
AKB大きなコンサートやイベントがあるたびに卒業が取りざたされる小嶋は、先に発表される形となったが、自身のツイッターで「たかみなの発表、隣にいれてよかった」とそばで見届けたことを喜び、「みんなが最高の10周年を迎えられるよう、私もできることを精一杯がんばります」とグループを支えていくことを宣言。3人が笑っている写真を掲載した。
チーム4のキャプテンでもある峯岸はGoogle+で「たかみなの卒業発表をうけて、10周年に向けてさらにみんなが本気で頑張っていかなくてはいけないと気が引き締まりました。AKB48というグループが在り続ける為に...」と決意表明している。
AKB48は2005年12月8日、1期生20人で劇場デビュー。12年8月に前田敦子、昨年8月に板野友美らが相次いでグループを巣立ち、9年の時を経て、1期生はユニット「ノースリーブス」を組む3人だけとなった。高橋も卒業を発表した今、来年の10周年にオリジナルメンバーが残っているのか注目される。

まぁ、大人の思惑で作られたアイドルとして、本人がどう考えようが新陳代謝はしかたがないということだろう。数を集めてミニスカパンチラ、CD買えばお触り可能という青少年からを金を巻き上げる合法女衒のビジネスモデルは正直反吐が出るけど、金さえ儲かればなんでもありの美しい国だから、ま、好きにしたらいいよ。愚民化、青少年のガス抜き以外になんの価値も見い出せないけどね。

-本当にどうでもいい話, 芸能
-,